【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

人工言語

人工ゲルマン語で「主の祈り」を読む

スラブ語が一段落したので、ゲルマン語に入ります。人工スラブ語が便利だったため、いきなり人工ゲルマン語(Folkspraak)から入ります。 Folkspraak - Wikipedia 語源的に関係のある英語を示します。必ずしも意味が同じとは限りません。また、ドイツ語のよ…

人工スラブ語で「主の祈り」を読む

スラブ諸語をベースにした人工言語がいくつかあります。 Pan-Slavic language - Wikipedia (リスト) その中からWikipediaでも比較的詳しく説明されているInterslavicを取り上げます。スラブ世界での地域共通語という位置付けで、古代教会スラブ語を人工的…

ヴォラピュクで「主の祈り」を読む

ヴォラピュクはある程度の範囲で使われた最初の人工言語で、エスペラントの先輩格です。語彙は英語を中心とした西欧諸語から取り入れられていますが、極端なデフォルメに特徴があります。 前回に引き続き、例文として「主の祈り」を読んで特徴を確認します。…