【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

F#

MS Officeの数式をTeXに変換

Microsoft Officeで数式を書くのに慣れてTeX形式で入力するのが苦痛になって来たので、変換プログラムを作りました。Windows専用です。 mml2tex.fsx [Raw形式で表示] → 保存(UTF-8) 【注】自分の必要とする範囲しか実装していません。変換部は200行程度で不…

Windows上のXamarin StudioでF#プロジェクトをビルド

Windows上のXamarin StudioでF#プロジェクトをビルドしようとすると、最近のバージョンでは失敗します。 Xamarin Studio F# Language Binding 結果 4.0.12 3.2.15 OK 4.0.13 3.2.15 ビルドに失敗しました。. MSBuild operation failed 4.0.13 3.2.19 ビルド…

F#を教えるための環境構築

この記事はF# Advent Calendar 2013の2日目の参加記事です。昨日はトップバッターの@igetaさんでした。短いコードにデータベースのアクセステクニックが詰まってとても参考になります。 いげ太の日記: Micro ORM を128行で 私の記事は、勉強会でF#を教えるた…

F#でJIT

今までPythonやC#やNode.jsでJITを実装しました。 PythonでJIT (Windows 32bit) PythonでJIT (Mac OS X 64bit) C#でJIT Node.jsでJIT 今回はF#版です。C#版をほとんどそのまま焼き直しただけですが、それだけでは面白くないので、環境を判定して64bitにも対…

アクティブパターンをどう捉えるか

F# C#

F# Advent Calendar 2012 第16日目の参加記事です。 昨日 @kyon_mmさん SpecFlowについて 明日 @linerlockさん F#製のビルドツール, FAKEで遊ぶ 今年のF# Advent Calendarは実用がテーマです。私はアクティブパターンをなかなか実用できないでいましたが、よ…