【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

Win32

MS Officeの数式をTeXに変換

Microsoft Officeで数式を書くのに慣れてTeX形式で入力するのが苦痛になって来たので、変換プログラムを作りました。Windows専用です。 mml2tex.fsx 【注】自分の必要とする範囲しか実装していません。変換部は200行程度なので、不足があればその都度手直し…

全部入りbinutils

スタート低レイヤー#2でid:shinichiro_hさんに全部入りのbinutilsが作れるということを教えて頂きました。さっそく試してみました。MSYS(MinGW)用のバイナリを置いておきます。 binutils-2.23.2-msys-cross-all.tar.xz (14.6MB) /usr/localに展開するだけで…

ELFの動的リンク(2)

前回はELFファイルの構造を示しながら、動的リンクに必要な処理を説明しました。 ELFの動的リンク(1) 今回はPythonで実装した簡易ローダを見ながら、実際の処理を追っていきます。 elf-simple.py 32bit Windows上でELFファイルを読み込み、動的リンクを解決…

PEの.idataをアセンブラで考える

PEの.idataをアセンブリ言語で記述しながら説明します。PEからDLLを参照するには.idataセクションにDLL名とシンボル名を記述します。実行時にWindowsのローダが.idataを見てLoadLibraryとGetProcAddressに相当する処理を行い、取得したアドレスを.idataに書…

PEの.idataを図解(ILTなし)

昨日.idataの記事を書きましたが、その図を眺めていて「ILTがなくても起動するのではないか?」と思ったので、試しに削ったら起動しました。図も少し簡単になります。これについてつぶやいたところコメントをいただきました。@7shi Delphi で作られたアプリ…

PEの.idataを図解

以前PE勉強会を開催したとき、.idataの構造をうまく説明できませんでした。最近また説明する機会があったので、改めて図を描いてみました。バイナリと並べて構造をフラットに描きました。この描き方は、Excel VBAで作成したコンパイラで使っていたものです。…