読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

MSYSでodcctools(一部)

MSYS Mach-O

前回、NetBSDでodcctoolsをビルドしました。

そこで問題になったのはi386アセンブラです。問題の切り分けのため、MSYSでもビルドを試みました。ただしすべてのビルドを通すのはかなり大変なので、i386アセンブラだけを目標にしました。

パッチ

i386アセンブラをビルドするためのパッチです。

odcctoolsに入る手前のディレクトリでパッチを当てます。

$ patch -p0 < odcctools-mingw.diff

ビルド

依存ライブラリとi386のアセンブラだけをビルドします。make installは失敗するためやりません。

$ cd odcctools
$ CPPFLAGS=-D_POSIX_C_SOURCE ./configure --target=i386-darwin
$ cd libstuff
$ make
$ cd ../as/i386
$ make

最後にmakeしたディレクトリにas.exeができます。これがi386用のアセンブラです。

バグ

NetBSDのときと同じエラーが出ます。

$ ./as.exe
FATAL:error constructing pseudo-op table (exists)

移植とは関係なく元々あったバグなのではないかという疑いが強まりました。実際その推測は正しいのですが、詳細はまた次回。