【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

印欧祖語で「主の祈り」を読む

ロシア語版Wikisourceに「主の祈り」の印欧祖語訳が載っていました。

面白かったので推測で注釈を付けてみました。調べたわけではないため、関連語が不明なものも多いです。

【注】ブラウザによっては表示が崩れます。Firefoxで動作確認しています。

(原文)(意味)(備考) Pa̯ter羅pater nseros私達の羅noster cemeni天にて, e̯neo̯men名前羅nomen希ὄνομα tou̯osあなたの羅tuus e̯estuあらんことを羅est cu̯entos聖なる, o̯regi̯om羅regnum teu̯emあなたの guemtod来たらんことを羅venio英come a̯ed羅ad ns私達羅nos, u̯elmenom意思羅voluntas英will teu̯omあなたの dhidhee̯setod行われんことを cemeni天にて erti-que地にても英earth羅-que, e̯edom食物を羅edo英eat nserom私達の羅nostrum a̯egheres毎? deo̯羅dies nsmebhos私達に羅nobis a̯eghei̯与え給え tosmei̯今? lee̯許し給え todqueそして羅atque a̯egosnes負い目 nsera̯私達の, so如く lee̯mos私達は許す scelbhos負い目ある者 nserbhos私達に. Neque【否定】羅neque peretod試し給え ns私達を羅nos, touしかし trea̯tod救い給え ns私達を羅nos a̯poから peuces. Teu̯eあなたのもの e̯sentiあらんことを羅sint o̯regi̯om羅regnum, mea̯ghti decrom-que栄光と羅-que bhegh a̯entom永遠?. E̯estodあらんことをアーメン.

参考: The Lord’s Prayer - Wikisource, 主の祈り - Wikipedia

HTML

次のようなHTMLを記述しました。

<div style="background-color:#e8e8e8;font-family:fantasy;line-height:400%">
<style>rt{font-size:80%;}rtc{ruby-position:under;font-size:80%;}</style>

<ruby>(原文)<rt>(意味)<rtc>(備考)</ruby>

<ruby>e̯neo̯men<rt>名前<rtc>羅nomen<rtc>希ὄνομα</ruby>
<ruby>tou̯os<rt>あなたの<rtc>羅tuus</ruby>
<ruby>e̯estu<rt>~あれ<rtc>羅est</ruby>
<ruby>cu̯entos<rt>聖なる<rtc></ruby>,

</div>

以下の記事を参照しました。

経緯