【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

ヴォラピュクで「主の祈り」を読む

ヴォラピュクはある程度の範囲で使われた最初の人工言語で、エスペラントの先輩格です。語彙は英語を中心とした西欧諸語から取り入れられていますが、極端なデフォルメに特徴があります。

前回に引き続き、例文として「主の祈り」を読んで特徴を確認します。調べたわけではないため、由来が不明なものもあります。

ワークシートで編集して、記事にスクリプトを埋め込んで表示しています。