【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

人工スラブ語で「主の祈り」を読む

スラブ諸語をベースにした人工言語がいくつかあります。

その中からWikipediaでも比較的詳しく説明されているInterslavicを取り上げます。スラブ世界での地域共通語という位置付けで、古代教会スラブ語を人工的に整備した言語です。世界語を目指しているわけではないため、語形変化を少なくして誰にでも簡単にするという方向性ではありません。

比較のため古代教会スラブ語のラテン文字転写を添えます。

【注】ブラウザによっては表示が崩れます。Firefoxで動作確認しています。

(原文)(意味)(古教ス) OtčeOtĭče naš私達のnašĭ, ktory【関代】Iže jesiいるjesi v~にてna nebesahnebesěxŭ, nehajあらんことをDa svęti聖とされるsvętitŭ 再帰 imę名前Imę TvojeあなたのTvoje. Nehajあらんことをda prijde来るpridetŭ krålevstvocěsar'ĭstvije TvojeあなたのTvoje, nehajあらんことをda bųdeあるbǫdetŭ volja意思volja TvojaあなたのTvoja, kako~のようにjako v~にてna neběnebesi takoそのように iそしてi na~にてna zemjizeml'i. Hlěb食物Xlěbŭ naš私達のnašĭ vsjakodenny日々のnasǫštĭnyi daj与えるdaždĭ nam私達にnamŭ dneś今日?dĭnĭsĭ, iそしてi odpusti許すotŭpusti nam私達にnamŭ naše負い目našę grěhi私達のdlŭgy, kako~のようにjako my私達がmy odpušćajemo許すotŭpuštajemŭ našim私達のnašimŭ grěšnikam負い目ある者dlŭžĭnikomŭ. Iそしてi ne【否定】ne vvedi導くvŭvedi nas私達をnasŭ v~の中に pokušenje誘惑iskušenije, aleしかし izbavi救うizbavi nas私達をny od~からotŭ zlogo邪悪neprijazni. IboというのはJako TvojeあなたのものTvoje je~であるjestŭ kråljevstvocěsar'ĭstvije i~とi moćsila i~とi slava栄光slava, na~にて věki世々věky. AminアーメンAminĭ.