【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

リトアニア語で「主の祈り」を読む

リトアニア語は現代印欧語の中で最も古形を保持しており、言語学的には重要な言語です。「主の祈り」を読みます。

語源的に関係のある印欧語を示します。スラブ語とは近縁のため(バルト・スラヴ語派)、備考で言語名を省略したものは人工スラブ語(Interslavic)を示します。

【注】ブラウザによっては表示が崩れます。Firefoxで動作確認しています。

(原文)(意味)(備考) TėveOtče mūsų,私達のmy kuris【関代】ktory esiいるjesi danguje,天にて teesieあらんことを šventas聖とされるsvęti sę tavoあなたのtvoje vardas名前英word Teateinie来たらんことを tavoあなたのtvoje karalystė,krålevstvo Teesieあらんことを tavoあなたのtvoje valia,意思volja kaip~のようにkako danguje,天にて taipそのようにtako irそしてi žemėje.地にてzemji Kasdienės日々のKaždodenny mūsų私達のmy duonos糧の duok与え給えdaj mums私達にmy,nam šiandien,今日sego dnja IrそしてI atleisk許し給え mums私達にmy,nam mūsų私達のmy kaltes,負い目 kaip~のようにkako IrそしてI mes私達がmy atleidžiame許す savo自身のsvojim kaltininkams.負い目ある者 IrそしてI neleisk陥らざらせ給え mūsų私達のmy gundyti,誘惑 betしかし gelbėk救い給え mus私達をmy nuo~から pikto. Nesというのは tavoあなたのものtvoje yra~である karalystėkråljevstvo ir~とi galybė, ir~とi garbė栄光 per~の間に英for(ever) amžius.世々 Amen.アーメンAmin

朗読

「主の祈り」の後に続くのは「アヴェ・マリア」です。

Twitter

Twitterの関連アカウントを紹介します。