読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【お知らせ】プログラミング記事の投稿はQiitaに移行しました。

ビルド速度の計測

同一マシンのWindows上で各種UNIX互換環境のビルド速度を計測してみました。

CPU Athlon 64 X2 4600+ 2.4GHz
OS Windows XP MCE SP3
対象 binutils-2.22
ビルド方法 configure --target=i386-darwin
make -j2

結果

MSYS gcc-4.7.0 6:32
Cygwin gcc-4.5.3 7:37
Interix gcc-4.3.4 3:19
NetBSD on VMware gcc-4.1.3 2:18

VM上で動くNetBSDに負けています。サブシステムから実装しているInterixはオーバーヘッドが少なく速いのですが、Windows Vista/7ではEnterprise/Ultimate縛りがあり、Windows 8では廃止されるため先がありません。

ホストから見えるファイルを直接いじりたいのでVMに完全移行するわけにもいきません。gccのcross toolchainはVMのNetBSD上でMinGW用にクロスコンパイルして、MSYSに持って来てインストールして使う、というのが落とし所かなと思っています。